7/30/2020

魅惑 / Fascination

逐次刊ジゴロカメラ 2020年7月30日号




突き詰めると言ったらかなり大袈裟になるが

コンパクトデジタルカメラだからこそ撮れる写真

それは明らかに存在する

そんなモンに魅力を感じてしまうのは

森山さんの写真展


に行ったからだってのは言うまでもない(笑)































































とは言えオレも昔からコンパクトでオンナノコとかを

結構な頻度で撮っているんだが

ご覧の通り、コンパクトで撮ったヤツは

往々にしてあまり褒められたシャシンではない(笑)


























まぁ、こんなのをアメブロに載せたら即・退場だろう

まさに「ジョー禁止」だ(笑)




















褒められたモンじゃないが

こういうヤツは何故だか知らんが

コンパクトの方が気分だったりする

このチープで薄っぺらな匂いは

コンパクトならでは

ってヤツだと思っているからだろう





つい先日の出来事になるが

個撮でコンデジPowershot S110

精力的に(?)多用したんだが

思いの外、イイ感じだった(笑)


チープな内臓フラッシュの下品な表現はオレのココロを擽ぐる

それに併せるようにEOS用のSPEEDLITEも発光量を抑えて

出来るだけ下品な絵面になるようポン焚きする(笑)

若干バウンズさせるが、見た感じだと直噴と大差なく思えるはずだ

これがまたイイ感じだった

デジタル現像が済んだら

ココや WEB個展サイトの「coten」にもアップロードしよう

乞うご期待ってヤツだな(笑)



























ニッポンノシャシンカ・ホリウチジョー





one love.
皆に幸あれ。

2 件のコメント:

  1. こんばんは。
    確かに!
    コンパクトの方がいい、って時あります!!

    返信削除
    返信
    1. 絶対的な深度が欲しい時とか
      超・安っぽい「薄っぺら」なヤツとか
      コンデジじゃなきゃってヤツ
      結構ありますよねぇ(笑)

      one love.

      削除